,

ロンザジャパン

初代細胞や培地をはじめとし、分子生物学あるいは遺伝子工学等の研究や医薬・医療機器における品質管理での場面においてお役立ていただけるよう、下記のような幅広い製品をご提供させていただいております。
細胞/培地
Clonetics™ はヒト初代細胞および培地、そしてPoietics™ はヒトおよび動物由来の造血系、脂肪系、および神経系細胞を対象としています。細胞はすべて治験審査委員会認定のドナープログラムを通じて採取されています。
各製品は規定の品質を満たしており、HIV-1、B型およびC型肝炎ウィルス、マイコプラズマなどの検査項目とその結果は試験成績証明書に記載されています。
また、製品によってはドナー情報、免疫染色および特殊染色、特徴的形態検査、生存率、倍化時間などの情報についても記されています。
試験成績証明書は、各製品でロットごとに発行され、オンラインで入手できます。
各細胞に最適化された培地システムBulletKits™ は、基本培地と添加因子SingleQuots™ で構成されています。

遺伝子導入
細胞株のニーズに合わせて設計された新しい遺伝子導入技術です。これは電気パラメーターと細胞の種類別の専用試薬との独自の組み合わせに基づいた非ウイルス性の方法です。
最良のNucleofection™ 条件は、遺伝子導入される基質ではなく個々の細胞種によって決まります。
これは、DNAとRNAのNucleofection™には全く同じ条件が適用されるとを意味します。
このため、基質の切り替えまたはDNAとRNAの同時遺伝子導入はとても簡単です。
Nucleofector™ テクノロジーは非ウイルス性ですが、DNAを直接核酸に導入することが可能です。
このため、Nucleofection™ は、神経細胞や静止期の血球などの非分裂細胞でさえも遺伝子導入できる能力を発揮します。

バイオアッセイ・電気泳動など
細胞培養において必須となるマイコプラズマの検出テストやその除去、各種バイオアッセイ製品を取りそろえています。
また、核酸やタンパク質の検出に必要な電気泳動に対応できるアガロース、プレキャストゲル、消耗品も幅広く取り扱っています。

http://www.lonzabio.jp/index.html

 

 

ページ上部へ戻る