,

モレキュラーデバイス マイクロプレートリーダー

SpectraMax iD5
マルチモードマイクロプレートリーダー

次のブレイクスルーをもたらす画期的なプレートリーダー
SpectraMax® iD5 マルチモードマイクロプレートリーダーは、吸光、蛍光、発光、時間分解蛍光(TRF)および蛍光偏光(FP)測定モードを内蔵するプレートリーダーで、研究能力の強化に役立つ完全なラボソリューションです。
さらなる機能拡張により、SpectraMax iD5は、発光下方測定、TR-FRET、HTRF®、BRET、インジェクターを用いたデュアルルシフェラーゼレポーターアッセイ、そして、ウェスタンブロット検出に対応します。
最適化された試薬と業界をリードするデータ取得・解析ツールSoftMax® Pro 7ソフトウェアを共に使用することで、SpectraMax iD5はあなたの才能を解き放つツールになります。

近距離無線通信によるフィルター自動識別機能
ウェスタンブロット検出機能を搭載する5モードマイクロプレートリーダー

SpectraMax i3x
マルチモード検出プラットフォーム

モレキュラーデバイスのSpectraMax® i3xプラットフォームは、将来のニーズに合わせて進化し、無限に広がる応用の可能性を持った、マルチモードマイクロプレートリーダーシステムです。

SpectraMax i3xは、吸光・蛍光・発光スペクトル測定のためのマルチモードマイクロプレートリーダーです。
モジュールを追加してアップグレードすることにより、ウェスタンブロットやイメージング、試薬インジェクタを用いた高速カイネティック測定を行うことも可能です。
単独で細胞のシグナル伝達とタンパク質の活性化・発現を観察できるSpectraMax i3xは、これ1台で科学の謎を解明する研究に貢献します。
サービスエンジニアのサポートや研究を妨げるシステムメンテナンスを必要とせず、柔軟に新たな測定機能を追加できるシステムを導入することにより、初期投資の効果を高めます。
SpectraMax i3xは研究領域の拡大に合わせて成長します。 高い将来性を持ったSpectraMax i3xマルチモード検出プラットフォームをご利用ください。
発光タイプのアッセイを簡単に捕捉
SmartInject™テクノロジーを搭載したSpectraMaxインジェクターカートリッジを追加することで、デュアルルシフェラーゼアッセイ、ATPアッセイといったフラッシュタイプの発光測定アプリケーションにも対応することができます。

SpectraMax Mシリーズ
マルチモードマイクロプレートリーダー

6種類のモデルから、ラボに必要な1台を簡単に見つけることができます。

すべてのSpectraMax® Mシリーズマルチモードマイクロプレートリーダーで、マイクロプレートおよびキュベットを使用して、紫外光・可視光吸光度ならびに蛍光強度を測定できます。
次いで、ユーザーのラボにとって最も役立つ機能を有するモデルを自由に選ぶことができます。
グロー発光測定、時間分解蛍光測定、蛍光偏光測定を順次追加できます。
また、最上位のM5eでは、これらすべての機能に加えてHTRFを測定できます。
将来必要となる測定モードがわからない場合、アップグレードが可能なM3、M4、または、M5プレートリーダーのいずれかを選択してください。
すべてのMシリーズプレートリーダーで、6、12、24、48、96、そして、384ウェルマイクロプレートとキュベットが利用できます。
その他の標準機能には、測定波長範囲にわたる1 nm刻みでのスペクトルスキャン、1回あたり最大6波長の吸光度順次測定、他の測定モードでは最大4波長の順次測定機能などがあります。

http://www.moleculardevices.co.jp/systems-cat/microplate-readers

ページ上部へ戻る