,

MSD SECTOR imager

Meso Scale Discovery

メソスケールディスカバリー(MSD)の、MULTI-ARRAY テクノロジーは、次世代の電気化学発光法を利用しバイオマーカーを単一及び多項目同時測定により検出できます。

MSDでは、SECTOR Imager 6000,SECTOR Imager 2400,SECTOR PR400 及び SECTOR PR100 の4種類のSECTOR検出装置を取り揃えており、測定時間及び検出感度により選択が出来ます。

アッセイ開発に必要なマイクロプレート・試薬のほか、バイオマーカーやセルシグナリングをはじめ広範な生体分子の測定用のための検出キットを取り揃えています。
サイトカイン および ケモカイン
セルシグナリング
低酸素症 および 血管形成マーカー
アルツハイマー病マーカー
血管性因子 および 成長因子
代謝マーカー
免疫原生
細胞アッセイ
ワクチン / バイオ生産
カスタムアッセイデザイン

電気化学発光法による検出

MSDの電気化学発光法では、MULT-ARRAYとMULTI-SPOTマイクロプレートの電極上で電気化学的刺激を起こし、SULFO-TAG標識対を発光させます。

電気化学発光法の特徴

最小のバックグランドシグナル

励起は電気的に行われ、測定シグナルに影響を与えません。

近接性

電極表面のごく近い部分に結合した蛍光標識のみを検出するため洗浄操作が必要有りません。

柔軟性

蛍光標識は、安定、非放射性で、生体分子に簡単に結合します。

~620nmでの発光

クエンチングの問題が生じません。

シグナル増幅

蛍光標識は複数の励起サイクルを繰り返すため、発光強度を増大し、検出感度を改善します。

ページ上部へ戻る