,

PHCホールディングス 実験環境機器

バイオハザード対策用キャビネット
10°傾斜ガラスシャッターとデジタル式差圧計内蔵コントロールパネルで視認性・操作性向上

前面ガラス扉を約10°傾斜。前傾姿勢の自然な体勢で、無理なく作業ができ、さらに、ガラス面への映り込みや反射を低減、操作性と視認性が向上します。
また、デジタル式差圧計内蔵コントロールパネルでは、運転データを、別売の専用インターフェースにより、外部PCへ出力できます。
出力できるパラメーター
・流入風速値
・吹き出し風速値
・差圧
・前面ウィンドウ開閉状態
・フィルター使用積算時間
・蛍光灯点灯積算時間
・UV灯点灯積算時間
・ファンロックステータス
・ファン試運転時間設定値
・ファン終了運転時間設定値
・UV点灯時間設定値

クリーンベンチ(標準式)
高清浄度で汎用性に富む陽圧タイプです

手軽に使える汎用性に富んだ標準式(陽圧タイプ)

ワークエリアは、取扱いが容易な陽圧タイプです。
奥行610mm×高さ680mmのワイドな作業スペースで、高い清浄度を必要とする理化学の各種実験をはじめ、工業用・調剤用にも使えます。

多目的な無菌操作に便利/バキューム配管を標準装備

理化学分野のアスピレーターやフィルター濾過、調剤分野の真空吸引など、幅広い用途にご利用いただけるバキューム配管をBNFタイプに標準装備しています。

タイプ・機種別に応じた性能を発揮する低圧損HEPAフィルター

MCVシリーズには、各タイプ別に自社開発・製造した専用の低圧損HEPAフィルターを搭載しています。低圧損タイプだから
①小さな風量で清浄化でき、ファンモーターの小型化が可能
②運転音や振動を低減できる
③本体のコンパクト化・軽量化が可能
などの特長を備えています。

https://www.phchd.com/jp/biomedical/

ページ上部へ戻る