,

Techno Sigma 有機溶媒濃縮回収システム

Soltrapper
ソルト ラッパー
気体吹付式 高速自動濃縮
多検体有機溶媒濃縮回収システム

用途例

  • コンビナトリアルケム
  • フラクションコレクター
  • 分取クロマト
  • ソックスレー抽出

など

クローズドシステムで機能

  • 溶媒蒸気が飛散せず完全回収
  • 大気圧下での濃縮のため突沸がなく安全
  • クロスコンタミなし
  • 試験管は静止しており常時状態観察可能
  • 濃縮時間は遠心式と同等あるいはより短時間で完了
  • 水系溶媒の濃縮が可能
  • 省スペースで操作が簡単
  • 特注で様々なご要望に対応可能

Soltra mini
ソルトラミニ
気体吹付式 小型濃縮回収装置
単検体濃縮回収装置

用途例

  • 単結晶の生成
  • グローブBOX内での濃縮
  • エバポレーターの代替
  • 重水素化溶媒の回収・再利用
  • 合成反応条件最適化のための試し合成

特徴

軽量でポータブル

  • 卓上での濃縮作業が可能(専有面積 A5用紙程度)
  • 冷却水・熱媒は一切不要

安心

  • 大気圧での濃縮
  • 突沸の心配なし
  • フッ素樹脂材採用で酸・アルカリに対応

大気放出ゼロ

  • 閉鎖系で濃縮、溶媒の大気放出ゼロ
  • 高価な溶媒の回収・再利用が可能
  • ドラフト外やグローブBOX内で濃縮作業が可能

簡単に条件設定

  • 濃縮部・凝縮部の温度を1℃単位で、吹付け風量を100段階で設定
  • 濃縮条件の精密制御が可能

豊富なオプション

  • 不活性ガス置換アダプター
  • 蒸発部延長チューブ
  • 合成用スターラー
  • 試料注入口セット  等

Solpure
ソルピュア
有機溶媒自動精製装置

特長

本装置は、
1. 使用済み有機溶媒を吸入 (精製前溶媒)
2. 精製後に精製有機溶媒を排出 (精製後溶媒)
3. 残渣液を排出 (廃液)のプロセスを 全自動運転します。

アセトン、クロロホルム、ヘキサン、THF、酢酸エチルの他
さまざまな有機溶媒の精製で大変好評をいただいております。

ご利用の準備は、精製前溶媒(上記1.)の入った容器(一斗缶など)と精製後溶媒(上記2.)用の容器、
そして廃液の小さな瓶を置いて本装置のチューブをそれぞれの容器に差し込むだけです。
人手が不要でしかも安全に有機溶媒をリサイクルすることが可能となります。
大幅なコスト削減を実現された多くのユーザー様からご好評をいただいております。
株式会社 創造化学研究所が初めて本システムを発案して特許申請しております。

スリムなユニット(幅 225mm)には有機溶媒自動精製装置の機構すべてが収められており、
狭い実験室でも設置できます。

本装置の有機溶媒精製プロセスは沸点以下の大気圧付近で行われるため、突沸の心配がなく、
安全かつ安定して動作します。

ページ上部へ戻る