次世代シーケンサーの決定版
ナノポアシークエンス

選ばれる理由

精 度 スピード コスト ロングリード

テクノロジー

ナノポアとは
ナノポア社の技術の中心

イオンチャネルのような内径約10nmの細孔をもつナノポアタンパク質内部にセンサーが設置されています。
このナノポアがメンブレン中に複数埋め込まれたフローセル(サンプル解析用基盤)に、
調整済みのライブラリを流し込むことでシークエンスが開始。
現在も精度向上などを目的に、このナノポアタンパク質にさらなる改良を加えた開発を続けています

ナノポアセンシングの仕組み

ナノポアが埋め込まれているフローセルに電流が流れている。
ライブラリがナノポアを通過すると、DNA/RNAの“形と大きさ”を見分けている
この“形と大きさ”を“電流の波形パターン”として読み取り、配列その他の情報を取得します。